過去記事アーカイブ

◆次回の『びゅーサン』2010年5月16日 岩下生佳◆5月の月間賞は……長崎県産のおいしいジャガイモ「アイユタカ」10キロ!!

2010.05.16

こんにちは、皆さん!岩下生佳です。

先週の日曜日、『びゅーサン』終了後に、
渋谷のライヴハウス・O-EASTで行われた、
ママのママによるママのためのライヴ
『MAMA DON’T CRY』を観てまいりました。

3月終わりから4月にかけて5週にわたり、
このライヴの発案者・篠原美也子さんと
加藤いづみさん、榊いずみさん(旧姓=橘)、
そして今年から参加した久宝留理子さんにご登場いただき、
この番組でじっくりとライヴにかける思いなどを
お話しいただきました。

このライヴは今年で2年目ですが、
去年に比べていくつか進化していましたよ!

1つは「男性の参加」。
「パパ代表」ゲストに、TMNでおなじみの
木根尚登さんが参加されたのですが、面白かった。

意外にもフォーク少年だった過去のお話しから、
小室哲哉さん騒動の中で出来上がった曲のお話し、
そして、ママさん歌手(言い方が野暮ですが)との絡みでは、
家庭人としての素顔が垣間見られるお話しが伺えました。

最初は、女性陣のパワフルな歌に圧倒されて
「簡単に引き受けるんじゃなかったなぁ(笑)」と
冗談交じりにおっしゃっていましたが、
ギターやキーボードを前にすると、
負けてならじと、こちらを引き込む演奏を披露されました。
男性が加わる“化学反応”もなかなか素敵だなぁ、と。

2つ目は「めいっぱいのジョイント」。
それぞれの出番で、ただバトンタッチするのではなく、
必ずジョイントで曲を演奏するのです。

例えば、加藤いづみさんから榊いずみさんにチェンジするときは、
加藤さんが以前出した名曲のカヴァーアルバムのナンバーから、
松任谷由実さんの「守ってあげたい」を2人で弾き語る、といった感じです。
ステージ上がとても楽しそうで、聴いているこっちもウキウキ。

そして3つ目は「お客さん」。
1回目の去年も結構盛り上がったのですが、
2回目ということで(私も含めて)楽しみ方が掴めてきたんですね。

例えば、8年ぶりのライヴになった久宝留理子さんが
アップテンポなナンバーを歌うと、
それまでのアーティストのときには座っていたお客さんが、
たちまち“オールスタンディング”の様相になるんです。

まあ、アーティストがいくつか参加するライヴでは
ノリ方が違ったりするので、ここまではしばしば見かけますが、
『MAMA DON’T CRY』がほかのライヴと違うのはここから!

このライヴには、託児もできる「キッズスペース」なるものが
ライヴハウス内に設けられていて、
お子さんを連れたお母さんが、ライヴの途中でも、
中座してお子さんの面倒を見ることができるのです!
おむつを替えたり、授乳をしたり、
じっとしていられないお子さんを遊びに連れだしたり。

それでも、去年の1回目では、まだアーティストに遠慮して、
ライヴ中は我慢して席にとどまっている方が多かったのですが、
2年目になって、心の垣根が取れた感じですね。
お子さんペース、そしてお母さんペースで
ライヴを楽しめる雰囲気が醸し出されていた気がします。

その他にもいろいろ気づいたのですが、ひとまずこの辺で。

とにかく、子育てをしていらっしゃる皆さんが
生き生きとしていて、うらやましく思えるライヴ。
もっともっとこういった試みが広がってくれると、
子育てに向き合ってみようかな、という方も
増えてくるんじゃないかな、と思うのですが。

   ◆   ◆   ◆   ◆

さて、『びゅーサン』(午前9時~11時50分)
次回の内容は……?

▽午前9時40分ごろ『Country Road』
毎週、東京で暮らす私たちの知らない、
名所・名物・お祭り・催しなどを探し求め、
全国各地と電話でつなぐコーナーです。

今日ご紹介するのは、群馬県高崎市。
国指定の重要文化財である榛名神社神楽殿で来週末、
2日間にわたって展開される「幽玄の杜音楽祭」について、
高崎市榛名支所産業振興課の
岡田菜穂美(おかだ・なほみ)さんにお話しを伺います。

▽午前10時ごろ『Classic Garden』
提供:京王グループ
京王フローラルガーデンアンジェの情報と、
クラシック音楽をお楽しみいただく20分間。

曲目(予定)は……
○ヤナーチェク 作曲 弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
 第1楽章:アダージョ
 第2楽章:コン・モート
 第3楽章:コン・モート(ヴィヴァーチェ、アンダンテ)
 第4楽章:コン・モート(アダージョ)
 演奏:スメタナ四重奏団

▽午前10時30分ごろ『ゲストコーナー~生佳の部屋』。
岩下お勧めのミュージシャンや歌手を迎え、
素顔やバックボーンを垣間見せます。

今週のゲストは『KISSAMA(キサマ)』。
1986年にソロアーティストとしてデビューし、
矢沢永吉や安室奈美恵、相川七瀬などのサポートも務めたことのある
ヴォーカル・ギターの宮原学(みやはら・まなぶ)さん、
1985年、バンド・ROGUE(ローグ)のベーシストとしてデビュー、
氷室京介や島谷ひとみ、川村カオリなどのサポート経験がある
ベースの西山史晃(にしやま・ふみあき)さん、
そして、伝説のロックバンド・レベッカのメンバーである
ドラムの小田原豊(おだわら・ゆたか)さんのスリーピースバンドです。
今回は、宮原さんと西山さんにお話しをお伺いします。

KISSAMAの公式ホームページは……
http://www.kissama.net/index.html

▽午前10時45分ごろ『FC東京ライト!』
わが街のサッカーチーム・FC東京の話題を、
ファンになりたての方や興味がない方にも、
楽しんで戴けるように、
岩下がなるべくわかり易く噛み砕いて
ライトにお届けするコーナーです。

▽午前11時『街角レポート』
調布エフエムのおっとり娘、“べぇやん”こと
山部朱里(やまべ・あかり)レポーターが、
調布市内を中心に各地を飛び回ります!

▽午前11時15分ごろ『ちょうふ音楽祭への道』
6月26・27日の2日間、調布市グリーンホールと
調布市文化会館たづくりを会場に行われる
音楽イベント「ちょうふ音楽祭」の情報を
出演者やスタッフの方を交えながら、
いち早く、詳しくお送りするコーナーです。

今週は、6月26日に行われる
ちょうふ音楽祭LIVE PLUS+に参加する
ジャズバンド・サチコとモダンボーイズの皆さんに、
当日にかける思い、意気込みなどをお伺いします。

   ◆   ◆   ◆   ◆

◎5月の月間賞プレゼント

5月の月間賞プレゼントは、長崎県のJA島原雲仙ご提供の
ジャガイモ「アイユタカ」10キロ箱をお1人に差し上げます。

ご希望の方は、次の1~3のいずれかを必ずお寄せ下さい。
(リクエストまたはメッセージのないお便りは抽選の対象外です)
1.リクエスト曲
2.フリーメッセージ(50字以上)……どんなことでも結構です
3.テーマメッセージ(50字以上)……5月のテーマは「こどものはなし」
  ご自分のお子さんについてのお話しはもちろん、
  ご自分がお子さんだった頃のエピソード、
  ご近所やご親戚のお子さんの話題など、何でも構いません!

なお、お寄せいただく際に必ず
ご住所・お名前・電話番号を忘れずにお書き添え下さい。
いただいた個人情報は、プレゼント発送以外の目的には利用しません。

あて先は・・・
ファクシミリが042-443-8068
Eメールが mail@chofu-fm.com
おはがきが 〒182-0026 調布市小島町2-33-1 たづくり3階
       調布エフエム「びゅーサン」の係まで
どしどしお寄せ下さい。

5月の月間賞の締め切りは、5月29日(土)必着です。
抽選は、5月30日放送の「びゅーサン」の中で行います。
皆さんからのご応募、お待ちしております!

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る