番組情報

R.D.Radio Do~山本慶一~3月31日 『BACK UP AGAINST THE WALL』編

2001.04.06

※今回は特別長くなってしまいました。そのつもりでよんでくださいね。

                           BY スナフキン

「さらばシベリア鉄道、さらばRD・・・」

「な~に言ってんだ? ジェット?」

「何って、知らねーのかスパイク?」

「だから、なんだってんだよ!」

「このコラムにおれたちが登場するのは今回が最後かも知れねーんだよっ!」

「なにっ! そんなの聞いてねーぞ! ふざけんじゃねー・・・っよ!」

「うぐ・・・ぐ、ぐるじい・・・・・・」

「・・・んっ? すまんすまん。ジェット、大丈夫か? つい取り乱しちまった。」

「げほ・・げほっ! はー、助かったか・・・・・・。『すまんすまん』じゃねーよ!

 この野郎、首締めやがって!」

「悪い悪い。・・・しかし太い首だな、腕に力が入らねーや。」

「何言ってやがんだ! もうちょっとで殺されるところだったぜ。」

「だから謝ってんだろうが! しつけーな!」

「今度は逆ギレか? キレるんなら相手が違うだろ! すべての元凶はスナフキンの

 野郎だ!」

「そうだった。しかし人生『一寸先は闇』だな。何が起こるかわからねー。RDの仕事

 がなくなると・・・金はない、食い物もない、まるで“無人島”のような生活が待っ

 てるだけだな・・・。おまけに一緒にいるのは髭面のむさくるしい男ときたもんだ。

 ・・・とほほ。」

「その『“無人島”に持っていきたいアルバムは何だ?』 というのがあったな?

 スパイク、おまえなら何を持っていく?」

「決まってんだろ。 『アルバム』という名の“ドラえもん”だ。」

  バキッ!

「痛ってーなー! ジェット! なにも殴ることねーだろうが!」

「さっきのお返しだ! 真面目にやれってんだ。」

「わかったよ。・・・ぽくぽくぽく・・・」

(どうでもいいけど『ぽくぽくぽく』って文字にしたらやけに可笑しくて、一人で

 コラム打ちながら笑いが止まらなくなっちゃいましたよ=スナフキン)

「何してんだ? スパイク?」

「見りゃーわかるだろうが? 『とんちんかんちん一休さん』だ。」

「ふ~・・・聞いたおれがバカだったよ。さて、バカは放っておいてRDだ。

 スナフキンの“無人島レコード”はボウイの『ジギー・スターダスト』らしいが、

 あれは通称で、本当は

 『THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS』

 っていうんだよな。確かに無人島にいたらジギーみたいなのがどっかの惑星から

 やってきて、助けてくれねーかななんて思いそうだな。そういう意味じゃ、

 “ドラえもん”もあながち捨てたもんじゃねーか!? いや“アルバム”って

 言ってんじゃねーか・・・」

「チ~ン! 決めたっ! おれは『BEBOP』のサントラにするぜ!」

「やっぱりそうきたか。そりゃそうだよな。しかし『BEBOP』だけじゃ読んでる人

 にわからねーな。『BEBOP』とは『COWBOY BEBOP』というアニメー

 ションのことだ。スナフキンの奴が好きでな。『RD BEBOP』ってコラムのタ

 イトルはここから拝借させてもらったらしいな。それにおれたち、このジェット・

 ブラック様とスパイク・スピーゲルもその登場人物ってーわけだ。

 もし、機会があったらビデオでも観てくれ。レンタルにあるからな。」

「そうそう、ビデオと言えば次回からまた『シネマ・クラブ』が復活するらしいぜ。

 ジェット知ってたか?」

「ああ、それになんて言ったかな?・・・そうだ! 『AtoZ』とかなんとか言う

 コーナーもできるらしいぜ。」

「なんだ? そりゃ? 子供じゃねーんだからよ、アルファベットはねーだろーが。

 スパイク様に向かって失礼じゃねーか! だいたいおれ様は<火星>生まれだっ!!

 ・・・???

 もしかして・・・おれが『ジギー』か?」

「おまえはスパイク・スピーゲルだって言ってんだろうがっ! おまえが『ジギー』

 だったらおれは一体何なんだよ!」

「差し詰め“試作品で失敗したドラえもん”てところかな!? いや、ジェット・

 ブラックだから“クロえもん”だな。腹黒いジェットにはピッタリだぜ。」

「“クロえもん”でも“ウタえもん”でも、もう何でも好きにしてくれ。とにかく今日

 で出番が終わりかも知れねーからな、言うことだけは全部言って終わらねーとな。」

「・・・ぽくぽくぽく・・・」

「またかよっ!! その『とんちんかんちん・・・』はやめろってんだ!→

(わたしもやめてほしい! これが出てくると笑っちゃって先に進めなくなる!)

→おまえが一休さんだったらおれは“新右ェ門さん”になっちまうだろーがっ!

 おれたちはアニメじゃねーんだぞっ! ・・・ん? アニメか!? あ~、もう何が

 なんだか分からなくなってきた!  それで? 今度は何なんだよ?」

「・・・クー・・・スカー・・・・・」

「寝てんじゃねえよ!」

「チーン! おいジェット、いいこと思いついたぞ!」

「おまえ今寝てたじゃねーか!」

「バカ言うな。 『敵意を抱くならまず味方から』ってな。」

「それを言うなら『敵を欺くにはまず味方から』だろ!」

「ま、それはいいとしてだ、 今回でおれたち最後かも知れねーんだろ?

 そこでな、こういうのはどうだ?」

「ん?」

「スパイクとジェットがだめなら次回からは“島大介”と“徳川機関長”(※)の

 BEBOPっていうのはどうだ?」

「そりゃ名前を変えただけだろうが。」

「なんなら“ホセ・メンドーサ”と“マンモス西”(※)でもいいぞ。それでも気にいら

 なければ“花形満”と左門豊作”(※)でどうだっ!」

「で? どっちが“花形満”なんだ?」

「決まってるだろうが。・・・ジェットは“八幡先輩”(※)だ。」

「!!」

(※)わかる人にはわかりますよね。

さて次回から二人はどうなるのでしょうか?

・・・ぽくぽくぽく・・・(笑)

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る