番組情報

馬の耳新聞 ~07年9月16日号~ それでも馬耳東風 袴田荘之介

2007.09.16

こんにちは。ハカマダです。

昨日のことなんですけど、林がやってる番組ラジオボンバーにタレントさんがゲストでお見えになったんですよ。

結構カッコいい人で、ウチの一部のスタッフがファンだったらしく非常に感激しておりました。

それを見て思ったのは、私が今本気で会ってみたい! と思う人は誰なんだろうか、ということです。

私基本的にテンション低い人間なんで、誰に会ってもあまり感動しないんですよね。

稀に芸能人と会っても仕事絡みのことが多いので、

あまりキャーキャーするのも失礼かなぁ、なんて大人のフリをしていることが多いのですよ。

そんな私が会って魂が震えるような人・・・・いるだろうか・・・・。

そういや、いました。

漫画家の島本和彦先生だ。

この人とは本気で会ってみたい。そして語って欲しい。

島本和彦先生を知らない方もいるでしょうけど、

暑苦しい漫画を書かせたら日本一という漫画家ですね。

本人がどう思ってるかは知りませんよ?

少なくても私にとってはってことです(笑)

代表作品はなんだろなぁ「逆境ナイン」とか「燃えよペン」かなぁ。

初心者は「燃えよペン」あたりから入るといいかも、です。

で島本作品ってただアツいだけじゃなくて、深いのもポイントなんですよねぇ。

暑苦しさを押し付けないというか、うん、うまく言えないんですけど、

魂に響いてくる漫画を描くんだよなぁ。洒落も利いてるし。

私が島本作品に始めて触れたのは、高校時代読んでいた「ログイン」というパソコン雑誌でした。

そこに「ワンダービット」という読切り作品を連載していて、それがすげえ面白かったんですよね。

以来大ファンなのです。

まぁログインっていう雑誌自体も相当アレで、

パソコン雑誌のクセに巻頭が「秋のきのこ特集」だったりしまして、

結構その変なノリが好きだったんですよね。

パソコン雑誌の巻頭、しかもカラーで「このきのこは食べちゃダメ!」とかまったくわけわかんないですよ。

とまれ。

ログインはまぁ余談でしたけども、島本和彦先生に会いたい、っていう思いはしばらく追いかけて行きたいなぁと思います。

アニメ店長、本当に面白いです! って言ってみたい。

~9月23日の「それでも馬耳東風」は・・・~
短いです。45分で終わります。冒頭で5分以上しゃべったら放送しきれません。
なのでメッセージテーマはなしです。ごめんなさい。

メッセージ・リクエストは、
おハガキ・・・〒182-0026 調布市小島町2-33-1たづくり3階
ファックス・・・042-443-8068
eメール・・・mail@chofu-fm.com
またはこのホームページの送信フォームから、いずれも
調布FM「それでも馬耳東風」宛までお願いします。

・・・・・・・・以下ラジオとは関係ありません。興味ある方のみどうぞ。・・・・・・・

~勝手にモンスターハンターフロンティア「名もなきはんたー日記」~

●月●日

スペシャルクエストの「逆襲バサルモス」三昧デス…。

いや、このクエ本気で楽しいぞ。

今のところ、攻撃大見切り3のバルバス、火事場高耳ブロス、火事場高耳装填数グラン毒弾祭り、などでソロ達成。

あっし弓イマイチなんで、スピードだったら火事場グランで毒弾が一番早いかなぁ。

しかしなんといっても報酬です(☆∀☆)キラリン

1回で37万は美味しすぎます。200万z貯まったよー。

バイバイギザミマラソン(・∀・)/~~

●月●日

今週のビックリ発言大賞ーーーー。

野良にてクシャ戦。

閃光持って行きましょう、というあっしの提案に対し、HR48の発言。

「閃光玉ってどうやってつくるんです?」

ΣΣ(゜д゜lll)ガガーン!!

もちろん負けました。

●月●日

モンハンFの感想~中間発表~

今HR50の某ハンターのたわ言だと思ってください。

今回のモンハン、全てにおいて「演出なさ杉」。これに尽きます。

始めてレウスに遭遇したときの恐怖感やら、フルフルのキモさやら、

こう「しゅげー」って思うことが少なすぎますね。

もちろんシリーズ通じてやってますからおいらみたいな信者はしょうがないです。それはもう経験済みだから。

でも、多分おいらが無印で感動したようには、Fからの参入組は「感動できてない」と思います。

もちろん初見の相手にやられて試行錯誤を繰り返すという部分(私はこれがモンハンの醍醐味だと思ってます)はあると思うよ。

でもさ、その一方で新モンスターの人気がないってのは「狩りたくなる何か」が欠けてるんだと思うのですよ。

出会ったときのビックリ感ワクワク感とそれを攻略していく楽しみ。両方大事だと思うのよね。

攻略していく楽しみはまぁ、突き詰め方は人それぞれだけど、

ビックリ・ワクワク感に関していえば、旧作では、ムービーで煽ったり、ちょっとしたストーリーでの演出がありました。

私としてはそれで十分でした。

初代でいえばラオ戦とか黒龍の出現とか、

ドスで言えば古龍襲撃ムービーとか村の発展とかね。

あれって全部程よい「演出」で燃えたんだよね。

まぁRPGじゃないから完璧なシナリオ用意せい! なんてのは考えませんけどさ。

でも新モンスターに限らず何かこう、フロンティアは演出的な部分が完全に欠けてると思う。

例えばクシャが脱皮することとか、そういうことフロンティア組は知らないと思うんだよね。

でもドスやってる連中は知ってるわけですよ。錆びてるクシャがちょっと弱い理由とかね。

フロンティアだと、何でこいつ錆びてるの? みたいなさ、そういうところがほとんどケアされてないでしょ。オンのみだとこうなっちゃうのかねぇ。

とにかく狩ってください。

古龍は強い「だけ」です。これはただのアクションゲームですから、って感じ。

折角面白い世界作ったんだから、もうちょっと世界観を感じさせる演出あってもいいと思う。

ギャラリーとかネコの広場とか新しい要素もあるから、その辺ももうちょっと活かして世界を構築して欲しかったなぁっていう感想です。

もちろんまだHR50なので、この先どうなるかわかりませんけど、

モンハンの狩り自体はまぁまぁよくできてるんで、まだ続けます。

古龍のバカ体力も、カプコンからの挑戦だと思って、意地でも狩ってやるって思うようにまでなりました。

信者の私見ってことで一つよろしく。

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る