番組情報

馬の耳新聞 ~06年3月19日号~ それでも馬耳東風 袴田荘之介

2006.03.19

 こんにちは、ハカマダです。

 WBC、日本決勝進出おめでとう♪

 この勢いで世界一(まぁ異論はあるでしょうが・・・)を目指して欲しいと思います。

 しかし「日本」がある程度メジャーなスポーツで「世界一」ってのは何だか珍しいですよね。
 もちろん決勝はまだなんで、世界一になれるかどうかわからんのですが、なんだかドキドキしてしまいます。
 しかも、日本が世界一になるものって「努力に努力を重ねて掴み取る」ケースが多いように思いますが、今回は言っちゃあ悪いですけど「棚ぼた」的決勝進出です。

 だって韓国、ここまで1回も負けてなかったんですよ?

 一方日本は、予選リーグを通算すると3回も負けてます。韓国に2敗、アメリカに1敗ですね。

 でも準決勝で韓国相手に1勝して、決勝進出。
 なんて効率の良い勝ち抜け方なんだろう。ほんっとに珍しく、要領良い感じです。

 ままま、色々意見はあるかと思いますよ。

「なんか釈然としない」という思いも出てくるでしょう。韓国国内はもちろん、日本国内でも出てきそうですよ。

 簡単にまとめると、今回の日本は、リーグ戦のメリットとトーナメント戦のメリットを最大限受けたわけです。で、一方の韓国はトーナメント方式のデメリットに泣かされた形です。

 でもさー、これはしょうがなくね?

 野球に限らずスポーツって色んな要素があるわけで、特に甲子園なんて顕著だと思うけど、一発勝負だと何があるかわかんないわけでしょ? 最悪、リーグ戦だったら勝率最高の高校が地区予選の初戦で負けることだってあり得るし。

 多分、今回の大会終わったあと、本当の世界一はどこどこだったとか、審判がキチンとやってれば結果が変わったんじゃないかとか、色んな意見は出るかと思うけど、所詮はルールのある大会なわけで、今後の改善点としては「なるべく」強いところが優勝するような大会になればいいんじゃないかと思います。エライ人たち、頼んだよってなもんですよ。

 で、見てる方としてはさ、別にスポーツの大会っつうのは優勝がどこかだけで楽しむわけじゃないでしょう。

 誤審は確かに困るけど、疑惑の判定があってもがんばったメキシコだって良いチームだし、アメリカだって「負けて悔しい」だけじゃなくてパワー重視の野球を見直す良いチャンスじゃないか。

 韓国は多分というか、国内世論も厳しくなりそうだけど、ここ一番で勝てなかったわけで、何か原因があるかもしれん。

 で、日本はそうだなぁ、福留ナイスホームラン。

 というのは冗談で、予選でももっと打って欲しかったな(苦笑)

 ここまで来たら優勝という思いもあるけど、まぁ楽しい試合にして欲しいと思います。

 そうそう。今回の大会でメキシコへの好感度が大幅にアップしたよね。

 タコスの輸入量が増えるかもしれんなぁ。

~3月26日の「それでも馬耳東風」は・・・~
メッセージテーマ「フリー」で募集します。
今年度最後の馬耳東風。もうねフリーな感じでなんでもOK。

メッセージ・リクエストは、
おハガキ・・・〒182-0026 調布市小島町2-33-1たづくり3階
ファックス・・・0424-43-8068
eメール・・・chofu-fm@annie.ne.jp
またはこのホームページの送信フォームから、いずれも
調布FM「それでも馬耳東風」宛までお願いします。

~完全内輪ネタ! 愛なき「調布FM劇場」~

「モンスターハンター2の進捗状況について」の巻

HR30になりますた!

これからまた試験です!

プレイ時間は160時間突破!

FF12? んなの中古に出てからやる。

そんな30の春。

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る