プレゼント情報

4/2(火)【ゆうがた5】のおさらい(+ボンボニエール)☆par北山裕子

2019.04.08

Bonjour!【ゆうがた5】火曜日☆北山裕子です。

先週の放送にも沢山のリクエスト&メッセージをお寄せ頂き、有難うございました。

 

今朝から時折冷たい雨…今週当りで桜の見頃も終わりでしょうか?

※右は先週水曜に仙川駅前で、左は木曜に六本木の桜。

 

そんな中、金曜に無料企画展「ようこそボンボニエールの世界へ」が銀座のミキモト本店

にて華やかに開幕!

 

皇室から下賜された精緻でいて可愛らしい、明治から近年に至るボンボニエール(掌に

収まる菓子入れ)の数々を、年代ごとに紹介しています。

壁に設けた小さな覗き穴?で、複雑な構造のボンボニエールのどこがどう開くのかを

映像で確認できちゃう遊び心も◎

 

御代替わりに併せ開催される数々の皇室ゆかりの企画展。

銀座にお出かけの際は、こちらにも足を運んでみては如何でしょうかb(^^♪

 

「ようこそボンボニエールの世界へ —皇室からのかわいい贈りもの—」

4/5(金)~5/10(金)開催中@ミキモト銀座4丁目本店7F・ミキモトホール ※無料

https://www.mikimoto.com/jp/news/190301/02.htm

 

 

それでは【ゆうがた5】火曜日4/2OAのおさらいです☆★☆

 

 

******************************

 

 

『Go Go ミュージアム』

4/24(水)~8/5(月)@国立新美術館

『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』   

https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

 

チケットプレゼント&展覧会概要については、掲載済の下記コラムもご覧下さい♪

http://www.chofu-fm.com/80498

 

 

その他、既出チケプレは以下、コラムをご参照下さい。

4/9〆「ムーミン」

http://www.chofu-fm.com/79800

4/9〆「ピクサー」

http://www.chofu-fm.com/80019

4/16〆「ドービニー」

http://www.chofu-fm.com/80018

4/23〆「クリムト」

http://www.chofu-fm.com/80245

 

 

********************************

 

 

『シネマの細道』 (各公式サイト:音が出るものも有りますのでご注意を)

 

4/12(金)公開「芳華 Youth」

http://www.houka-youth.com/

文革~ベトナムへ侵攻と激動の70年代中国。軍を慰問する歌劇団=憧れの文工団員になるも虐めに遭うシャオピンの救いは、

誰もが尊敬するハンサムな模範団員フォンだったが…。

繊細な映像美と人間ドラマで数々の映画賞に輝くフォン・シャオガン監督最新作は、時代に翻弄される若く美しい文工団員達の

青春とその30年後を描く切ないラブストーリー。これまでタブーだった凄惨な中越戦争や建前と大違いの身分格差に加え、若さ

ゆえの不器用さや脆さ、片思いの甘く切ない痛みetcノスタルジーが共感を呼ぶ青春群像劇。元団員の監督が拘った団員たちの

ナチュラルな美しさ&一糸乱れぬ中華風バレエも見応え十分。大抜擢ミャオミャオ&超売れっ子ホアン・シュエンも秀逸ながら、

全ての男が虜になる清楚な小悪魔役ヤン・ツァイユーの魅力◎

 

4/12(金)公開「ビューティフル・ボーイ」

https://beautifulboy-movie.jp/

成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されたハンサムな学生ニックがドラッグ依存症に。家族の支えや更生施設入所も空しく

再発を繰り返すが…。

売れっ子ライター=デヴィッド・シェフと息子ニック其々よる2冊の回顧録が原作で、逮捕や本人・家族の努力や監視では抜け

出せないドラッグの怖さと、家族愛&葛藤が痛ましくも美しい感動実話。見どころは、普段の老獪さやギャグを一切封印した

父親役・オスカー俳優スティーヴ・カレルすら凌駕する息子役=大ブレイク中のティモシー・シャラメ。減量して臨んだ鬼気迫る

演技&美貌wは圧巻。いい子でも家族仲が良くても陥りうる薬物依存を、犯罪=罰して排斥ではなく、治療して社会復帰を

目指すという姿勢の違いにも一考。エンドロールもシャラメ君の朗読∴ファン必見!

 

4/23〆 中島みゆき「夜会工場VOL.2」劇場版 鑑賞券プレゼントについては下記をチェックb

http://www.chofu-fm.com/80246

 

 

****************************

 

 

『コミュニティ情報局』

調布経済新聞がお届けする、旬な地元のハッピー・ニュース☆

今週はスタジオ収録&花粉症症状も落ち着きだした?大前編集長による気になるトピックスは…

 

つつじヶ丘の居酒屋で「ヤクシカ」料理 屋久島産の野生鹿肉、連日好評。。。

調布市内各所で間もなくサクラ見頃 ほころぶ花の春到来。。。

 

…でした。

 

調布経済新聞 http://chofu.keizai.biz/

 

 

******************************

 

 

18:30頃~毎月第一火曜日のSPコーナー『福祉調べ隊』

今回のテーマは「電話でつながる心と命」

 

定期的にかける電話で、一人暮らし高齢者等の安否確認や、不安解消のお手伝い等、

”電話による見守りボランティア活動”を、長年狛江市内で続けている狛江市電話訪問

「はとの会」

今月は「はとの会」の代表&メンバーのお二方(会の規則により本名非公開)にスタジオに

お越し頂きました。

 

週2回(月木、または火金)ご依頼頂いたお宅に電話をお掛けし、安否確認と合わせ

日々の気になることなど日常会話を通して不安の解消を図ったり、ご不便があれば関係

機関への橋渡しをするなど、高齢になっても住み慣れた場所で暮らし続けられるよう

お手伝いをされていますが、長い活動の中で、電話中に倒れたり怪我をなさった方に

代わり緊急連絡して事なきを得た!ということが何度もあるとか。

 

自分の親だったら、祖父母だったら、と考えると思わずヒヤッとしますが、改めて「命

をつなぐ」声のボランティアの重要性を感じますよね。

 

こうした緊急の場面でなくても、週に二回、自分を機にかけ電話をしてくれる人がいる…

ということが張り合いになり、会話を重ねるうち心身の状況が驚くほど改善され、逆に

電話をかけるボランティア側になられた方もいるとか!

「心をつなぐ」電話の効果てきめん!?でしょうか。

 

会話を交わすことが”認知症の予防に効果的”という医師の見解もあるそうで、電話を待って

いる利用者は勿論、人生の先輩から思いがけない話を伺えるボランティア側にとっても良い

脳トレ&得難い経験になりそうです。

 

尚、「はとの会」を利用者になる条件は、狛江市に在住のおおむね65歳以上の独り暮らし、

または高齢者のみの世帯、外出困難な障がいを持つ方。

往々にしてご本人の申告は難しいので、市外にお住いのご家族からの依頼でも結構です。

申込の際には既定の利用申込書を提出して頂きますので、詳細は下記、狛江市社会福祉

協議会「はとの会」担当にお問い合わせください。

 

狛江市社会福祉協議会 狛江市電話相談「はとの会

(直接窓口にお越しいただいても結構です)

電話 03-3488-0294

FAX 03-3430-9779

 

また電話ボランティアへの参加を希望する方も、まずは上記、窓口にお問い合わせください。

月1回の定例会と、月2回程度の活動ができる方であれば、無料の研修や公開講座等もある

そうなので、皆さんも安心して”声の助け合い”仲間になれそうですね♪

 

 

**************************

 

 

それで次回の【ゆうがた5】火曜日もお楽しみに♡   À Mardi ! 

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る