プレゼント情報

7/5(火)【ゆうがた5】のおさらい(+キャメロン)☆par北山裕子

2016.07.10

Bonsoir! 【ゆうがた5】火曜日☆北山裕子です。

今週(先週?迷う~←自業自得)も、番組に沢山のリクエスト&メッセージをお寄せ頂き、本当に

有難うございました!

 

今日は投票Sunday、皆さん、ちゃ~んと選挙に行かれましたか?

 

1467731438761

さて、今夜はもう先々週の金曜日の話でごめんなさい…な《ジュリア・マーガレット・キャメロン展》

内覧会の模様を、ようやく(今日祝)Upさせて頂きますね。。。

 

1467731457702

ソフトフォーカス、ネガにあえて傷をつけて手作業の痕跡を残す、人物写真はせいぜい手札サイズの

時代に等身大か?という大写しetc素人ならではの革新的技法を試み、

 

14677314980761467731592289

また人物もただ写すのではなく巨匠たちの絵画のテーマや物語に沿った衣装や構図などを用いた演出で、

カメラがとらえた一瞬にドラマ性を持たせたり、モデルの内面を表現してみせたり…と、それまで記録媒体

にすぎなかった写真を、絵画などと並ぶ芸術に高めた先駆者でもあるキャメロン。

 

英国ビクトリア&アルバート美術館さんのご厚意で、会場の約4分の1を占める《第二章》の展示スペース

の全作品が、写真展では実にレアなケースですが、何と撮影OK!

是非、クラシカルでロマンティックな本展に相応しい会場フォトor自撮りでSNSの”いいね”も貰っちゃって

くださいませ~♪

 

From Life 写真に生命を吹き込んだ女性

『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』

7/2(土) ~9/19(月/祝)開催中@三菱一号館美術館

http://mimt.jp/cameron

 

*

 

それでは【ゆうがた5】火曜日7/5OAのおさらいです☆★☆

 

 

******************************

 

 

『Go Go ミュージアム』

 

ルーブル美術館特別展『ルーヴルNo.9 漫画、9番目の芸術』

7/22() ~9/25()@森アーツセンターギャラリー

http://manga-9art.com

 

チケット・プレゼント展覧会概要については、下記コラムもご覧下さい♪

http://www.chofu-fm.com/54026

 

 

その他、既出チケプレは以下、コラムをご参照下さい。

7/12〆「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」

http://www.chofu-fm.com/53887

7/19〆「GeGeGe水木しげるの大妖界」

http://www.chofu-fm.com/53476

 

 

********************************

 

 

『シネマの細道』

(各公式サイト:音が出るものも有りますのでご注意を)

 

7/9~(土)公開 「シング・ストリート 未来へのうた」

http://gaga.ne.jp/singstreet/

1985年、大不況のダブリン。両親は不和、父の失業で転校した学校にも居場所がない14歳の少年コナーの

唯一の楽しみは、音楽通の兄と海の向こうのロンドンのミュージック・ビデオ。そんな彼が街で見かけた

美少女の気を引こうと、思わず「僕のバンドのビデオに出ない?」と声をかけ、OKをもらえてしまったから

さぁ大変。慌ててバンドを組み、兄の受け売りで猛練習&オリジナル曲作り&PV撮影に奔走するが…。

アカデミー歌曲賞を受賞した「Onceダブリンの街角で」「はじまりのうた」etc抜群の音楽センス&愛おしい

キャラ描写で人気のジョン・カーニー監督最新作は自伝的な爽快青春音楽劇!もてたい一心で音楽をはじめ、

聴いたバンドにいちいち曲調から服装まで影響されまくりながら成長していく少年たちに甘酸っぱい郷愁~w

懐かしの80S UKロックやPV、忠実に再現されたファッション等もさることながら、全て思い通りにはならない

人生のほろ苦さも秀逸。主人公を演じたオペラ出身フェルディア・ウォルシュ・ピーロ君&多彩な劇中バンド=

シング・ストリートの楽曲にも胸キュン。

 

7/16(土)公開 「AMY エイミー」

http://amy-movie.jp/

ソウルフルでジャジー、独特な歌声でビリー・ホリディの再来だと絶賛され、多くのアーティストにリスペクトされ

ながら2011年7月、27歳で急死したグラミー5冠の歌手エイミー・ワインハウス。本作は亡き歌姫エイミーの素顔

と、私小説のようなソングライティングに込められたメッセージに迫った本年度アカデミー賞受賞の極上音楽

ドキュメンタリー。

多くの秘蔵映像や貴重なライブ音源、関係者たちの証言から浮かび上がるのは、突然のブレイクから死後に

至るまで続いたスキャンダラスな報道とは違った、繊細で無垢、ただただ音楽が大好きで才能にも恵まれた若い

女性の姿。果たして誰が、何が彼女を殺したのか?デビュー前の無邪気な姿、エイミーの憧れで亡くなる直前に

競演が叶ったトニー・ベネットが彼女の死後に漏らしたセリフが切ない。アカデミー賞/グラミー賞他、世界中で

40冠以上に輝く本作鑑賞後は是非、歌詞に込められたメッセージを噛みしめつつアルバム再聴を!

 

 

****************************

 

 

『コミュニティ情報局』

 

調布経済新聞がお届けする、旬な地元のハッピー・ニュース☆

今週はOA直前のスタジオ収録だった大前編集長による、気になるトピックスは…

 

調布経済新聞上半期PVランキング1位は、「調布『野川桜ライトアップ』開催日決定」。。。

 

…他、でした。

 

詳しくは、以下サイトをご覧下さい♪

調布経済新聞 http://chofu.keizai.biz/

 

 

******************************

 

 

18:30頃~毎月第一火曜日のSPコーナー『福祉調べ隊』

 

今回のテーマは「盲導犬マリンちゃんとの日々

 

市内唯一の盲導犬として、福祉まつりのふれあいコーナーなどでも大人気のマリンちゃん

今年引退を迎えます。

今月は、マリンちゃんの飼い主で長年のパートナー、調布市視覚障碍者福祉協会会長でもある

愛沢法子さんに、マリンちゃんとの思い出や絆について伺いました。

 

何と当初は犬が苦手だった!?という愛沢さんとマリンちゃんの出会い、互いの距離が徐々に縮まり、

いつしかかけがえのないパートナーになっていく様子が微笑ましく、またマリンちゃんによって様々な

出会いや喜びを得たことに感謝される愛沢さんの魅力的な人柄が、お話からも伝わったのではないで

しょうか?

 

引退後は、盲導犬になるまで育てて頂いたお宅で自由なワンちゃんライフを送るマリンちゃんですが、

ハーネスを着けたお仕事モードの時は、声をかけない、触らない、目を合わせない、ワンちゃん連れの

方は距離をとって頂くetcの配慮をして頂けるとお仕事に集中しやすくなるので、引き続きご協力をお願い

しますとの事。

街でお仕事中の盲導犬を見かけたときは、声援はあくまで心の中で(^^♪

 

指点字の講座を担当されたり、歌手としても活動するエネルギッシュな愛沢さんに寄り添うマリンちゃん

…そんな姿は今年12月の福祉まつりまでとなりますが、8月に市内・菊野台コーナーで、マリンちゃんにも

触れ合える、無料のイベントが開催されます。

店員は申し込み順15人となりますので、気になる方はお早目のお申し込みを!

 

 

夏休み 点字体験と盲導犬について知ろう

市民活動支援センター 菊野台コーナー

TEL/FAX 042-481-6500 (火木土 9~17時)

※FAX/留守電で申し込む際は、名前と連絡先を忘れずにお入れください!!

 

 

**************************

 

 

それでは次回の【ゆうがた5】火曜日もお楽しみに♡   À Mardi ! 

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る