番組情報

馬の耳新聞~2003年6月22日号~ それでも馬耳東風 袴田荘之介

2003.06.23

 妄想ってします?
 出し抜けになんだ、というお怒りはもっともですけど、さっきから妄想について非常に考え込んでいるというか、妄想について妄想しているというか、頭の中が「妄想」で一杯なわけです。
 や、僕も妄想するんですよ。
 例えば、朝起きたら誰もいなくて、世界に僕1人だったらどうしよう、とか、朝起きたら急に女の子になってたらどうしよう、なんていう「朝起きたらシリーズ」をはじめ、銀行で残高照会をするとき、なんの前触れもなく「3兆円」入ってたらどうしよう、なんて思ってちょっとドキドキしたり、家の隣に広末涼子が引っ越してきたらどうしよう、みたいな「中学生レベルシリーズ」まで、ま、本当にトホホなパターンで我ながら今猛烈に呆れてるんですけど、みなさんはこういう妄想ってしているんでしょうか?
 大人になると周りに聞けないことが一杯あって、特に自分の精神世界の話題なんてあまりしませんよね。飲み会で「妄想」について話すというのもあまり聞いたことがないし。
 でも僕は1個気になるとほっとけないというか、こだわる性質なんで、今急にどうしようもなく「妄想」について、みなさんがどう考えているのかが知りたくなったわけです。
 どうしよう、俺だけだったら・・・とハタと思ったというのは内緒ですが。
 しかし、まず第一に妄想ってそんなにポピュラーなんでしょうか? まったくデータがありません。
 例えば一日の平均睡眠時間は、たまに新聞などで見かけます。サラリーマンの平均通勤時間も出る。抱かれたい男ランキングも、個人的には「くっだらねぇな」と思いますけど、毎年話題になるでしょう。こういったまったく知りたくもない、いや、これは言い過ぎですけど、少なくとも今の僕にはまったく役に立たないデータは山ほどあるけど、今僕に必要なのは「妄想」に関するデータです。
 一日の平均妄想時間であるとか、妄想の傾向、世代間格差、男女の差、欧米との比較、あるかどうか分かりませんが経済効果や健康への影響も知りたい。
 妄想白書、どっかの省庁で作ってないんでしょうか? 感じとしては厚生労働省の管轄でしょうか? 総務省でもいいな。
 ま、そんなこと言ってても埒があかないんで、ここはいっちょ調査をしてみました。恐らく世界初でしょう。民間による妄想調査。結果は以下の通りです。

女性スタッフH
「あたし、結構妄想少ないですよ。多分1週間に3分くらいですよね」
男性スタッフI
「1日4~5回ですよね。時間で言うと1日20分くらいかな?」
女性スタッフS
「え、あたし、キンキキッズのどっちかと結婚しますよ」
友人I
「エロいのも含めるの? そうすっと、1日1時間半くらいかなぁ」

 はい、男女で明確に結果に差が出ました。
 どうも男性の方が妄想頻度が高いということですが、一部の女性は根が深いというか、「お前、何様」的な妄想の傾向がありますね。生憎、こんなこと聞ける人間が身近にそう多くいないので、サンプルの少なさには目をつぶっていただきたい。
 しかし、妄想率は見事100パーセントです。良かった、俺だけじゃなかった。
 さらに興味深かったのは「エロい妄想」は公式な妄想として参入したもんかどうか、人間は躊躇するということです。
 やっぱりエロい妄想は男性には根強い人気がありそうですからね。この見解については今後の議論を待ちたいところです。エロ・非エロで、シングル、ダブルスみたいに、種目で分けたほうがいいかもしれないです。種目? もうわけわかんないですけど。
 いやぁ、ともかく安心しました。妄想、結構ポピュラーです。
 今後はもっと突っ込んだ調査を継続していきたいと思います。

 6月29日(日)の「それでも馬耳東風」は

 メッセージテーマ「私の好きな街」
 リクエストテーマ「フリー」

 でお送りします。

 FAX・・・0424-43-8068
 eメールは、このホームページのeメール送信フォームからどうぞ。

 お待ちしています。

カテゴリー

  • 最新情報
  • 番組情報
  • レポート
  • プレゼント
  • ネットラジオ
  • リクエスト
  • 番組表
  • 会社情報

月別アーカイブ

▲ページのトップへ戻る